留学

大学を休学して語学留学に行くメリット

大学生のうちに長期留学をしたい、よし!休学しよう!
けど休学をしたらそのあとが大変。。。というあなたにこの記事を書きました!

語学を学びたい!!けど三か月じゃ足りない。。。

留学でもっとも大事なことでもある「期間」、いっその事長期で行きたい!
というときに考えるのが休学ですね。休学してまで行く価値あるの?
就活が、、、という心配を解消していきたいと思います。

圧倒的な語学力がつく

一年間みっちり勉強をしていますので、力はつきます。毎日生活しているだけでも耳が鍛えられていきます。体感なのですが

三か月 あ、何となくわかる…??
五か月 ほうほう、言いたい事は分かってきたぞ!
八か月 はいはい、オッケー!!

といったくらいになってくるかな?と思います。(あくまで私の場合です。)

スピーキングに関しては、筋肉の問題もあるのでリスニングのように成長することはすこし難しいです。それでも、言いなれたフレーズはスラッと言えるようになります。

かけがえのない思い出が出来る

現地での濃ーーい青春の一ページが追加されます。

私はアメリカでクライミングにハマって、毎日ジムに登りに行っていました。
そこでできた友達と、地元で有名な山に登りに行った時の思い出はわすれません。

そういった経験から日本以外の文化や考え方の違いを知ることができるので、
日本の良いところ、悪いところ、自分の考え方などをあらためて知ることが出来ます。

就職活動でいうとことの「自己分析」に近いです。
ということで、自己アピールの練習として就活に使えます。

ただ、日々を過ごすだけではダメ

ここがこれから留学に行くあなたに注意して欲しいことなのですが、
留学は行くだけでは何の意味もありません。

ちょっと強い言い方ですが、とても大切なことです!

留学で何を得るのかを決めることで、その目標に対してのプランが設定できます。

一つの例としてTOEICの点数を850越えといったような設定をしましたが、
毎日勉強をして結構大変でした。。。それでも最初に決めておくことで最後まで継続して勉強することが出来ました。

なんでも良いので一つは目標を設定しましょう!!
自分の中でぶれないゴールを持つことが出来たら、モチベーションを維持できます。

ここも就活につながるのですが、目標設定、努力、達成といった流れを説明できるようになるので、説得力のあるアピールをすることが出来ます。

まとめ

このように、留学は自分を磨くのにとても良い環境になっています。
留学をしたからかならず良い就職先を見つけれる。ということはありませんが
就活のスパイスになることは間違いないでしょう。
行くのを迷っている方はぜひ、留学を通して自分をみがいて就職活動に備えてみてください!

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です