学習

Java SE8 Silverは黒本を解けば絶対合格できる。

こんにちは、イケオ(@ikeoikeoi)です。

資格シリーズ、どんどん更新中です。

 

今年半分はほとんど勉強に使っていたので、
全然ブログの更新も出来ていませんでした。
後半はまたまた頑張ります!

 

今回取得したのは、Javaを学び始めてオブジェクト指向が
分かってきたくらいなら取れるくらいのエントリー資格である、
『Java SE8 Silver』をとりました!

いちおう証拠がこれです。(‘◇’)ゞ

迷う問題もあったのですが、わりと余裕をもって
合格できて良かったです。

上記のとおり、合格ラインが65%となっているので、
ある程度のミスはしてしまっても合格できるラインに行くでしょう。

 

シルバー取得につかったのはコレだけ。

 

さっそくですが、今回は紹介することがめっちゃ少ないです。
この本を3周するだけ。

created by Rinker
¥3,520
(2021/04/11 20:02:55時点 Amazon調べ-詳細)

いわゆる『黒本』と呼ばれる本で、この本がマジで最強です!

この本だけ買ってしまって
あとは問題を解くことしかしていなかったので、
他の本やネットの課金コンテンツは一切要りません。

黒本だけをカンペキに仕上げましょう。

 

まずは1から順番に解いていく。

 

黒本を購入したら、まずは頭の方から順番に問題を解いていきます。
最初の章を解いて答え合わせをするとうっすらと気づくのですが、
Javaシルバーの問題はかなりイヤらしい問題が多いです。笑

 

選択肢が6個くらいあって、
結局解答は「コンパイルエラーになる。」を選ばせてきたりします。

 

いままで素直な演習を解いてきた人はかなり正答率がわるくなってしまいますが、
それで大丈夫です。

 

しっかりと解説を読んで、
どういう問題が出るのかをまずは把握していきましょう。

 

最後の2章は模試になっているので、
いったんそこの手前までの問題を解いてしまいます。

ここでコツになるのですが、
配列の問題や、すこし複雑な問題は
実際にコードを打ち込んで実行させて勉強すると覚えが良いです。

 

そのほうが、解説を読んだだけよりも絶対に覚えれるので、
めんどくくさがらずに実行させてみましょう。

模試の前の章までを2周したら次は模試を解いていきます。

 

模試は時間も意識して解いてみよう

 

問題が2周終わったら次は模試を解いていきます。

 

制限時間は2時間半あるので、ゆっくり解いたとしても
30分ほど見直しに時間が使えるくらいになるかと思います。

 

ここで覚えておいてほしい一番重要なことがあります。

実はJavaシルバ-の本番は、

ほとんど模試に似た問題が出ます!

実際に覚えている限りで見直しをしてみたのですが、
77問中50問近くが実際のテストと似た問題でした。

 

つまり、
模試をカンペキにすれば試験も余裕
ということになります。

 

ということで、
2つの模試は必ず解く!

さらに全問すぐに解法がわかるくらいにしておきましょう!

今回僕が伝えるのはこれだけです。笑

もう少し詳しく順番を書いておくと、

 

<div class=”simple-box8″><p>

まずは模試1を解く(時間も測る) 2時間弱

模試1を20問ずつ解いていく。    4時間
(ここで解説も見ながらしっかり復習します。)

模試2も①、②と同様に解く。

</p></div>

だいたいこんな感じです。

模試を通して解くのは結構時間に余裕がないと出来ないので、
元気のある土日の午前中などにやってしまいましょう!

 

(補足)ラムダ式はどうする?

 

Javaシルバーの試験範囲に入ってるラムダ式ですが、
さらっと問題を解くだけでいいです。

試験で出たのは1~2問程度だったわりに、
ラムダ式をカンペキに理解しようとすると時間がかかってしまうので、
合格するだけ、という点で見れば飛ばしてしまってもいいと思います。

 

実際僕もラムダ式に関してはほぼ暗記のような感じで
試験に挑みました。(たぶん正解してないけど問題なく合格できた。)

 

なので、ラムダ式を1からじっくり理解するよりも
配列の問題、インターフェースの問題など、
基本的な部分をしっかり理解するのに時間を使いましょう!

当日はサラッと見直しを!

 

当日は身分証明が出来るモノを2つ忘れずに持っていきましょう。
(僕はいつも免許証と保険証を出しています。)

試験時間は夕方だと頭もあんまり働かないので、
お昼くらいがおススメです。

もちろん個人差があるので、
ここは自分の体と相談してください。

始まる直前にやってほしいのは、
模試をサラッと見直すことです。

ここでも模試をやってほしいです。
時間があれば2個ともやります。

 

僕は試験の直前まで
一問一答形式でパラパラめくってやってました。

 

これで不安がすこし安らぐのと、
APIの問題など、暗記要素がある部分の復習にもなるので
ぜひ合格率を上げるためにもやりましょう。

 

これであとは全力で受けるのみです。
頑張ってください。

まとめ

 

今回の内容をまとめると、

黒本やれ!(特に模試の部分)

です。笑

 

Javaシルバーを取ると、
未経験でもコードは読めるという担保になってくれますので、
わりと有効活用が出来そうな資格です。

 

さらに学習という面でも、細かいJavaの作法だったり、書き方だったり、
エラーについての知識、APIの知識など、かなり勉強になる部分が多かったです。

 

これから頑張っていきたいエンジニアにとっては取って損はない資格だと思いますので、
一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

 

created by Rinker
¥3,520
(2021/04/11 20:02:56時点 Amazon調べ-詳細)

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です