お役立ち

単位認定で授業を免除する方法 

今回は、単位認定のお得なお話です。

大学一回生二回生のうちに大変な語学の授業。
出席が毎回あったり、小テストがあったりとなにかと時間がかかりますね。

私は毎回まじめに出席していました。。。

そんなな留学に行って帰ってきてから存在を知ったのが

TOEICによる単位認定!!

知っていればもっと楽に単位がとれたのに、、、

と思ったので、これを読んでいるあなたにぜひ実践してもらいたく記事にしました!!

単位認定とは??

単位認定とは、

単位を取るにあたって、本来はテストなどによって認定されるものが、授業以外の成果に応じて、一定の基準に基づき単位を認定される制度のこと。

です。つまり、

授業のレベル超えてるなら単位だけあげるよー
というなんとも親切な仕組みです!

単位認定に必要な基準

これは各大学によって違うのですが、だいたいTOEIC、TOEFL、英検などの成績を利用することができ、
TOEICならだいたい600点~くらいからあります!
すこし頑張ればなんとか取れそうな点数です!
下にTOEICをするメリットも書いております。

大学によってちがうので
シラバスに乗ってある要綱を確認するか、大学のサポートセンターに聞いてみましょう!

さあ申し込んでみよう!

注意して頂きたいことは、
単位認定はいつでもできるわけではない。
ということです。
基本的には、履修登録と同じタイミングで申請できます。
申請した後は、大学側で確認されたあとに承認される。

という流れになっております!
時期はしっかり確認しましょう!

TOEICの場合

私はTOEICで申請したのですが、必要なものは
点数が書かれた証明書だけでした。

点数に応じて、2、4,6単位の認定があり、6単位であると
TOEIC850点以上が必要でした!

850点は正直一年くらい勉強が必要ですね。。。
審議はだいたい二週間ほどで、履修完了と同じタイミングで通知されました。

このように点数を証明さえできればすぐに単位がもらえます!

単位認定のメリット

メリットとして一番大きいなあーと思ったのが、
TOEICだと就職活動に使える。
ということです!

TOEICの点数も600点くらいから履歴書に書くことが出来ます。
単位が貰えて、就職活動にも役立つ
まさに一石二鳥の制度になっています!

リスクは無いの??

入学していきなり単位認定は少し難易度が高いと思います。
私がしとけば良かったなーと思うやり方としては

一年生のうちは授業に出て普通に単位を取得する。
この一年生のうちにTOEICの勉強をコツコツしておきます。
本気ですれば三か月で600点を超えることは可能なレベルだと思いますので、頑張りましょう。

そして二年生になる時の履修登録にTOEICの成績で申請すれば完了です!!

これで晴れてあなたの二年生の前期の授業が減りました!

TOEICか英検が単位認定の簡単な方法だと思いますので、

皆さん是非チャレンジしてみてください!

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です