商品レビュー

ひとり暮らし×スキレットは最強!キャンプから普段の食事まで全部完結できます。

こんばんは、イケオです。

最近キャンプブームでキャンプグッズが結構話題になっていますね!

キャンプグッズって基本的には高くて、テントとか数万円するので初心者には手が出ません。。。そんなキャンプグッズの中でも、手軽に買えて汎用性の高い調理器具、スキレットについて紹介していきます。

【今回紹介する商品はこちら】

 

金属製の鍋みたいな調理器具で、フライパンより分厚いので熱を長時間キープすることができます。そのため、食材にじっくり熱を通すことができて、かんたんに美味しくなります!

キャンプに持っていくつもりで購入したのですが、普段の調理にもめちゃくちゃ役立ってしまったので、スキレットの万能さを伝えたい!

と思って記事にしてみました。

最近は本当にスキレットを毎日使ってご飯を食べているくらいで、
キャンプ以外でも手放せない調理器具になってしまいました。。。

(これはある日の朝ごはん オートミールパンケーキ)

それでは、今からスキレットの素晴らしさを説明していきます!

今回紹介するのはこのスキレット。

僕が今回購入したのがこのスキレット。値段もリーズナブルで、好きなメーカーとか、こだわりが無ければ調べた中ではこれが一番コスパが良かったです。

こちらの商品のいいところは2枚組になっていて、薄い方のスキレットを蓋としても使用できる、ということ。他の商品だとだいたい蓋は別売りなので、蓋も揃えようとすると倍くらいお金がかかってしまいます。

肉を焼くのに丁度いい

スキレットは分厚いため、熱をしっかり閉じ込めるので肉料理との相性がとてもいいです。
油を引いて肉をおいて蓋をして焼くだけで、ジューシーな肉が出来ます!

 

はじめは表面だけ焼いて、焼き目がついたら蓋をして蒸し焼きをするといい感じにジューシーな肉が出来上がります。もはやこれだけでもスキレットを買う価値があったと思っています。

(ある日の昼ごはん 骨付き肉)

フタで蒸し野菜もしっとりいい感じに

今回購入したスキレットは蓋もついているので、蒸し野菜を作ることが出来ます。蓋をして野菜をいれて(冷凍野菜でもOKです)オーブンに突っ込めば完成です。(普通に火をかけてもOK!)

加熱中のスキレットの空間は完全に高温状態に。フタも熱くなるので360°全体から熱を通すことができるので、外だけ焦げてて中が冷たい、のようなことが減ります。フライパンでやるよりカンタンですね!

定番のりんご料理もバツグンのうまさ

スキレットの魅力として、デザートも作れるということです。
定番の焼きリンゴはカンタンにできます。

(適当に砂糖・りんご・バターを入れて焚き火)

マシュマロも最高に仕上がります

そこにアルフォートを敷いて、上にマシュマロを並べてやくだけ。
カンタンにスモアができます。

 

洗い物がらく

料理のあとにめんどくさいのが洗い物。
ただ、スキレットはそのままお皿として使うことができるので洗いものが1つで住みます。

洗剤を少量付けて、小さいたわしなどでゴシゴシ洗うだけ。
鉄なので食器のように傷を気にしたりせず洗えます。

洗ったあとに軽く火にかけて水分を飛ばしておいておくだけでOK。
余裕があれば油を塗ってあげているといい状態で保存できます。

もしひどい汚れがついた場合は

・水でつけ置く
・火で炙って汚れを焼き切る

のどちらかで対応すれば大丈夫です!

最初に使う時は油慣らしが必要!(カンタン)

スキレットを始めて使う時は、表面に薬剤が塗られているものが多いので、シーズニングという作業が必要になります。これを最初にするのを忘れないようにしてください。
今回紹介している商品も必要になります。

1度すればしばらくする必要がないので、それほど手間ではありません。
Youtubeで「スキレット シーズニング」で調べると出てくるので見ながらやってみてください。

僕はこれを参考にしました。

キャンプにいかなくて買う価値あり!

今回紹介したスキレットの魅力は伝わりましたでしょうか?
キャンプのために買ったのですが、調理器具としても優秀なので日常でも使用できるめちゃくちゃ良い買い物をしました!

今の時点で半年以上つかっているのですが、不具合とか破損はないので、耐久性も良いです。

実は、このスキレットで燻製もできるのですが
その魅力はまた次回に紹介したいと思います。

もしスキレットのおすすめ料理や使い方がありましたら教えてもらえると嬉しいです!
それではまた!

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です