格安スマホ

Lineモバイルのソフトバンクがお昼でも爆速で快適すぎる話。

こんにちは、イケオです。

今回はたぶん前も書いたんですが、
LINEモバイルのソフトバンク回線が登場して、
ものすごく速いと話題になっていました。

LINEモバイルのソフトバンク回線が速いと話題に。しかし、回線変更が出来なかった。

この時にはまだ、ソフトバンク回線では、
SNSの通信料が無限になる
コミュニケーションフリーのプランがまだなかったので、
乗り換えていませんでした。

しかし、そのデータフリープランがついに先日開始されました。

しかもツイッターを見ていると通信速度は爆速とのこと。

乗り換えない手はない、ということで、
すぐに乗り換えました。

結果大正解だったので、
みなさまもぜひ、安くて速いLINEモバイルに乗り換えてみてはいかかでしょうか?

といっても何が良いのかわからないので、
最近測ったお昼と夜の通信速度などを載せながら、
どれだけスピードが速いのかを解説していきましょう。

まずは通信速度の見かたから!


そもそも速度をどうやって計測して

どうやって見るのか。を紹介していきます。

速度をはかるとなった時に、
いろいろなアプリがあるのですが、

実は、アプリを使わずに計測できる方法があります。

それがGoogleChromeです。

Chromeの検索画面で『スピードテスト』
と入力するだけで、現在のスピードが出てきます。

左側がダウンロードの速度
右側がアップロードの速度です。

簡単に言うと、左がYoutubeなどを見るときの速度
右側がメールなどを送るときの速度です。

どのくらいのスピードが基準になるのかというと、
10Mbpsくらいあれば日常の生活に困りません。
(YoutubeやSNSなどが普通に見れるレベル)

逆に1mbpsを切っていると、

動画はほぼ不可能で、
検索した結果を出すのが精いっぱいくらいのレベルです。

なので、
結論から言うと、
10Mbpsが常に出ていれば良い。
とおもっていただれば大丈夫です。

通信速度を見ていこう

それでは、
スピードがどのくらいが良いのかが分かったところで
いよいよ通信速度を見ていきましょう。

これが昼です。場所は東京駅付近で、
超ビジネスエリア。

お昼にもなると大量の人がスマホを解放して
データをバンバン使っている地域で計測してみたのですが、

なんとダウンロードが29.3Mbps!!

この数字がどのくらいかというと、
動画がノンストレスで見れちゃうくらいです。

普通のドコモ回線など、
高いお金を払っている携帯とも同じくらいの速度が出ています。

ちなみにですが、
比較として、マイネオで同じ場所で計測した時がこちら。

このように
0.3Mbpsくらいの速度しか出なかったです。

これだと正直Googleで検索をした結果を出すので精一杯でした。

このように同じ格安スマホでも
昼の混雑の時間での通信速度が変わってきてしまいます。

今まで昼には動かないのでもどかしかったのですが、
今では普通にノンストレスで使用できます。

まだ検証はしていないのですが、
ディズニーランドや、球場など人が多い中でも
電波がビンビンに立っていてくれたらもはや何もいうことは無いですね。

LINEモバイルに申し込む

LINEモバイルは郵送でもOK!

さて、ここまででLINEモバイルの
速度は十分伝わったでしょうか。

このLINEモバイル、通信速度だけでなく、
登録からSIMカードが届くまでも高速です。

今回僕がSIMカードを変更するのに要したのは

なんと3日だけ。

インターネットからすぐに登録でき、
自宅には早ければ当日、
もしくは次の日にsimカードが届きます。

iPhoneの場合だと設定も一瞬で終わり、
回線がもし音声通話月だった場合には、
回線開通で手続きで、1日かかります。

というわけで、
順調なペースで行くと、最短2~3日で終わります。

そんなすぐに乗り換えれてしまうと、
どんどん利用者も増えていきそうですね!

気になる料金は?

気になる料金なのですが、
月額基本料金は1200円からです!

さらに今なら半年間基本料金が900円割引という
破格のキャンペーンもしているので、
月額300円~で利用が出来ます。

僕が購入したプランが
コミュニケーションフリープランの3GBで
月額1,690円
です。

というのも、僕が今スマホを使っていて
データを消費する量が多いアプリって

・LINE
・Twitter
・Youtube(対象外)

くらいなんですよね。
そして、コミュニケーションフリープランだと

・LINE
・Twitter
・Instagram
・Facebook

のデータ使用料が無限です。

もういちど大切なのでいいます。

・LINE
・Twitter
・Instagram
・Facebook

ということで、
ほとんどデータを消費することがないんですよね。

なので、コミュニケーションフリープランを選ぶ方は
容量は3Gで十分足りると思います。

今のところコストパフォーマンスが一番高い
格安スマホなのでは無いかと思っています。

今回いろいろ迷いましたが、
結論として、LINEモバイルソフトバンク回線にして正解でした。

携帯の料金が安くなるけど、
通信が安定しなくなるのが格安SIMの課題でしたが、
ついにこの課題が解消されてしまいました。

ということで、
・格安携帯で通信が遅くてイライラしている人
・携帯料金を抑えたい人
・SNSをよく使う人
・とにかく早く格安携帯に変えたい人

などにはぴったりではないでしょうか。

LINEモバイルに申し込む

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です