猫用おすすめブラシの紹介。コレを使えばごっそり毛が取れます。

こんにちは、
今回は猫のお困りごとを解決する記事です。

うちには2匹猫がいます。

そして、猫を飼ってからとっても苦労していることがあります。
ネコの抜け毛がすごいこと。

猫の毛はふわふわで部屋中にまってしまうくらい軽いです。
床はもちろん服にも、机にも、いろいろなスキマにも
とにかく散らばってしまっています。

猫と遊んだあとに服を見たら毛だらけで真っ白!
なんてこともしばしば、、、

生き物なのでしかたがないことですが、
なんとか部屋に散らばる毛の量を減らしたいですよね。

シンプルな解決方法が
毎日ブラッシングをしてあげること。

ということで
どんなブラシが一番ネコの毛を取るのに向いているのか?
をいろいろ試してみました。

猫の毛の特徴に合わせたり、
痛くなさそうなものを選んだり。。。

そうして色々なブラシを試した結果
今から紹介するこの二つのブラシを合わせて使うのが一番効果的!
という結論にたどり着きました。

created by Rinker
ビーボン (BEBON)
¥1,280
(2020/12/05 06:04:45時点 Amazon調べ-詳細)

カンタンに説明すると、
ラバーブラシで浮かせて2個目のブラシでごっそり取る!
という方法です。

ブラッシングをしないと部屋が汚くなるほか、
ネコが毛玉を吐く原因にもなるので、
日ごろのケアをしっかりしてあげましょう。

前置きが長くなりましたが、
さっそく紹介していきます。

猫の毛の構造

そもそもなんでそんなに抜けるの??
ってなことなのですが、

猫の毛はとっても細かく密集しており、
一つの毛穴から10本ちかくの毛がはえています。

そして毛には大きく三種類あり、

オーバーコート:一番外側の毛、主に衝撃吸収や保護の役割。
アンダーコート:一番内側の毛、保温や断熱などの役割。
オーンヘア:ふたつの間の毛、両方の役割を担っている。

という感じになっていて
良ーく服に付くのはアンダーコートのふわふわの毛です。

風に乗ってきたりして服にペタッと付いちゃいますよね。。。

このように三層の密集している毛が
どんどん生え変わっている
ので
放置していると家中毛だらけになるのです。

猫にも悪影響??

ネコも自分で毛をなめて毛づくろいをするのですが、
あまりにも多くの毛を食べてしまうと体に負担がかかったり

胃に毛がたまっていまい
毛玉症のような病気なることがあります。

ということで、
健康管理のためにもブラッシングは必須ですね。

じゃあ何が良いの???

ということでここからが本題!!!
うちのネコさん達が体をはって実験台になってくれました。

「はやくしてーーー!!」って感じで意外とノリ気だったので、
遠慮なしに色々試しました。

あとでおやつあげるね!!

ということで、早速見ていきましょう!!

2種類のブラシ比較!!

1.金属タイプ

私はフーリーというものを買いました。
あと他に有名なものはファーミネーターとかありますね。

 

値段:4000円前後
<メリット>
このブラシ、細かいアンダーコートの毛がごっそり取れています。
刈り取ったのかというくらい毛が取れています。
うちの猫は短毛な上にアンダーまでモサモサと生えているので、ごそっと取れます!!

<デメリット>
こちらの商品、フーリ―の場合は刈り取った毛もあるんですが、
よく見ると切れているような毛もあります。

切ってるだけなのでは、、、
という場合もありますね。うーん。

あと、くしの幅が狭いので、
いっきに取りたい人にとっては何度もしないといけない
ので大変かもしれません。笑

もう一点、力加減を間違えてしまうと、肌が傷付く可能性もありますので気をつけましょう!

2.ラバータイプ

写真の商品は
ビーボン (BEBON) ラバースリッカーブラシSというものです。
Mサイズもあり、少し大きい猫さんにつかえます。

値段:1000円くらい

<メリット>
こちらの商品も先端がまるーくとがっているのでちゃんとアンダーコートの毛まで届きます!

更に、ゴムが一気に毛を回収してくれますので、取れた後の見た目が爽快です!
こんな風にたまります!

これで大体三回くらいスーッとかけた状態です!取れすぎ。。。

<デメリット>
ゴムという事で肌の弱い猫さんにとっては、
毛が引っ張られるので荒れてしまう原因になるそうです。

とはいっても、力加減、毛並みに沿って流してあげる。
ということをやってあげれば問題ないと思います。

うちの猫は全然嫌がらず、むしろ超リラックスしております。

どっちがおすすめ??

両方メリットデメリットあるのですが、
ラバーの方がおすすめです。

うちの猫達も金属のものよりラバー派です。
気持ちよくしてあげたらゴロゴロいいながらお腹を見せてきます。

金属だと取れているような切れているような毛がたまるのに対して、
ラバーのものはしっかり抜けた毛を書き出してくれています。

上の方で写真にも載せましたが、
長さを見てもらったらあきらか金属のブラシの方が短いです。

あともうひとつ
ラバーのにはいい点があるんです。

なんと、
キャットタワーにも使える。

これっめっっっちゃ気持ちいいです。
ごそっとキャットタワーの毛が掻き出せます!!

みてみてこの毛の量。すごいです。(右半分掛けた状態)

まとめ

ふたつ並べるとこんな感じ。

やっぱり右のは切れてるの多めかなあ・・・?

ということで、結論なのですが、
ラバーは絶対持っていたほうがいい。

始めに言いましたように、
ラバーの後にこちらのブラシをかけてあげると
さらに体に溜まっている毛をかきだすことが出来ます。

created by Rinker
ONS
¥1,130
(2020/12/05 06:04:56時点 Amazon調べ-詳細)

これで家から抜け毛たちが減ります!

ということで、今回は我が家のネコさんたちに
体をはってもらい検証してみました!
あとでご褒美をあげておきます。

ということで、
以上、みなさまもぜひ気持ちの良い
ブラッシングをしてあげてください(^^)/

こちらの記事もどうぞ!!↓

【画像付き】キャットタワー3つを実際に購入して徹底比較してみた。

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です