クーラーが嫌いな猫の対策。

こんにちは、

今年の夏ももう終わりですね。
昨年はアメリカにいたため、とても涼しい夏だったのですが

日本の夏ってこんな暑かった??
と思うほどの焼ける太陽。
クーラーが無かったら私は死んでいましたね・・・( ..)

そんな猛暑の中なんと!
我が家の猫は今年の猛暑の中でも
クーラーの効いた部屋にはほとんど入ってきませんでした。

さすがにぐでーんと伸びていましたが、
それでもこの暑さをクーラーなしで乗り切るのは大したもんです。

 

 

しかし、
同時になんで入ってこないんだろう・・・?
という疑問も浮かび上がりました。

そこで考えた結果
おそらく二つ原因があると思われますので調べてみました。

 

一つ目は音。
猫の聴覚は人の8~10倍もあります!
なので、人には聞こえない周波数の音までも聞き取ることが出来ます!

諸説ありますが、隣の部屋のハエの飛んでいる音までも聞こえるそうです。。。
そんな猫ちゃんにとってエアコンの音や、機械の音などは
非常に騒音となってしまいがちです。

最近は音のちいさなエアコンもありますが、
猫にとっては
十分な騒音になっていたり、
嫌な周波数が混ざっている可能性があります
ので

人間の聴力では聞こえないことがたくさんある
という事を理解してあげましょう。

 

温度

もう一つは温度。
基本的に猫は暑さに鈍感です。
もともと暑い地域に生息していた故にでしょうか。

寒い冬にヒーターに当たりすぎて、ついついやけどをしてしまうくらい鈍感です。(うちの猫)

本当に寒いところは苦手で、
こたつの中など、つねに冬場は温かい場所を見つけては寝ています。
一番が風呂場のフタの上だったりします。

ということで、クーラーの効いた部屋は猫にとって寒すぎるのかもしれません。
私の家では28度に設定しているのですが、それでも入ってくるのはエサを食べる時だけ。
食べたらすぐに出ていってしまいます。

なかなか人間の思うようにいかないのが猫ですね。。。

本当に大丈夫??

じゃあ、本当に猫は真夏の暑い日中を耐えることが出来るの??と思いますよね?
答えは「注意が必要。」です!

うちの猫さんたちは、
日陰のカーテンがある風通しの良いところにいる
のでどんなに熱くなっても湿気と温度が急激に上がることは無く、大丈夫です。

しかし、暑い場所しかないような場合では猫に逃げ場がなく、
もろに熱を体に受けることとなります。
猫には犬のようにベロを出すといった体温調整機能が弱い

ので体温が上がってしまい、
熱中症になってしまいますので、注意が必要になります。

扇風機などで空気を循環させてこまめに水を飲ませたり、
飲んでいるのかをしっかり確認しましょう!!

もし具合が悪そうだったら病院につれていってあげてください。

ちなみに、日々のケアとして
グルーミング
も効果が若干ありますので、毎日ブラッシングをしてあげましょう。

まとめ

猫はとても耳が良い。もしかしたら苦手な音がクーラーから出ているのかも?

クーラーぎらいの猫さんにとって真夏はとても大きな試練となります。
なるべく暑い日はしっかりと猫の様子を伺ってあげてくださいね!

ちなみにこんな商品もありますので、Checkしてみてください!

 

 

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です